T―SKの黒鉄屏風

アクセスカウンタ

zoom RSS 【日記】初!! 夏コミに遊びに行ってきました!!

<<   作成日時 : 2012/09/01 21:09   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
こんにちはノシ

コミケ終わってからこれを書くのに3週間もかかったT―SKでございます。

書くの遅くてすみません;


そして、

グラさん、ぱらボらさん、えいちゃむさん、ドロさん、


ありがとうございました!!!






来たる2012年 8月 11日



我らは待った!! この日を!!

何を待った!! 熱き祭典の開催を!!


何故待った!!




祭に集う遠き地に散らばりし我らが同志に会わんが為に!!!!




ついに時が満ちたのだコミッ……ちょっと待ってくださいね( ̄〜 ̄;)


え〜と、2012年 8月

10日(コミケ前日)


(; ゜ー゜)「お土産に作ってるオリジナル扇子が終わらない; ええ!!?; 5時間かかって完成したのに何で歪むの!? 何で綺麗に畳めないの!? 間に合わねぇ\(^O^)/」


扇子に自分のイラストを貼ってオリジナルの扇子を作って持って行こう! 後々商品化しよう!と試作してみたんですがなかなか上手くいきません。

型紙に合わせて絵を切り、折り目を付けていき、扇子の骨1本1本に糊を塗ってヘラで均一に伸ばし、紙を貼っていく。
この時最初の一本目の骨と折り目の角度がずれていたり、紙の折り目の角度が間違っていると完成してもゆがんでいたり扇子が閉じなかったりします。

うん。すげぇシビアです。
型紙から作り直す必要があるかな…;

唯一上手くいったのは2つだけでしたけど、完成して良かったw
(出発の2時間前でした;)




今回、夜行バスで行ってきました。

座ったままだと眠れない; 俺、ふかふかの布団で横にならないと眠れないんですよね/(^O^)\ サバイバル適性低いwww

でも、何故か姿勢を正すと安定して落ち着いて眠れるみたいです。そんなスキルを身に付けました(`・ω・´)






2012年 8月 11日
A.M.5:00


東京到着!!




そして道に迷う゜+。(*′∇`)。+゜


後ろも前もみんなビル。どっちに行くか。
とりあえず東京駅のあの特徴的な赤レンガ造りの建物を探そう。


(現在八重洲口にいるんですが、あの赤レンガの駅舎は丸の内口だったという事を知らなかった…;)



運良く 東京駅に着き、まずはこの広い駅構内を把握する為にグルグル歩き回る。
1階部分だけは大体把握。ただ、東京って施設の広さに比べてトイレの数が少ない気がする。いざという時の為にトイレの場所はしっかり把握する必要があります。

…以前、それで地獄の一歩手前まで行った事がありました…(´∀`)



A.M.6:00

店もまだ開いてないし、見て回れる場所でもないかな。

と、丸の内口から出て進んでみたらすぐ近くに皇居があると地図に載っていたので行ってみる事に。

さすが多くの人達がジョギングコースとしているだけあっていい景色です。
いろんな人が走ってますね。
老若男女、外国の人。外国の人は鉄アレイ持ちながら走ってるし;


お堀の鯉が可愛かった。水面に頭を出しながら泳いでるんだものw

水はひどくきったなかったけど…。最初地面かと思った;;

丸の内口方面から時計回りに一周してみました。

桜田門を抜けるとすぐ警視庁が見える。相棒で見た建物だからすぐわかった。また近くに国会議事堂や内閣もあるんですね。


皇居沿いの公園で一休み。朝食にサンドイッチ。

じっ…と動かずに食べていたらスズメが近寄ってきました。
かわいいじゃないのwww

( ゜ー゜)「よ〜しよしよしw このパンが欲しいのかね? …ほら、たーんとお食べw」

ヽ。ポイ
バサバサバサバサバサバサバサバサッ!!!!!……………



( ゜ー゜)「………逃げんなコラ。俺の3キロカロリーを返せ。」

ビックリして逃げてった。

以前皇居の石垣にタヌキが出たというニュースがあったので探してみたんですが、姿は見えず。
…代わりに何故か白鳥が。



皇居の庭園の一部は月曜と金曜日以外は無料で入園できるみたいです。
この日は終戦のなんやらイベントで入れませんでしたが。




一回りして今度は東京タワーを観光。浜松町駅へ。

ゆっくり歩いていたせいか、もう9時に。道に迷ったし。

初めて東京タワーに登りましたよ。
東京タワーからスカイツリーが見えました。
展望台から見える景色のナビゲーターがあったので、今日行く所や行って来た場所を調べる。

東京タワーから皇居は結構近いのね。桜田門からそこそこという感じ。
ビッグサイトはかなり遠いみたい。海(?)の向こう側。フジテレビよりは近いくらい。

『ルックダウンウィンドウ』も覗いてきました。
床が透明な窓になっていて、真下を見る事ができます。
ちょうど外国人観光客の一団が観光中だったんですが、マッチョなおじさんがルックダウンウィンドウではしゃいでましたw

というか、外国人みんなルックダウンウィンドウに寝転がってましたね;
…でも窓枠をしっかり握り締めていたのは見逃さなかったぞww






コミケには人が少なくなり始めるらしい昼から行こうと思っていたので、まだA.M.9:50。

しばらく秋葉原でブラブラしようww


…しかし、なんか変なキャッチに捕まったorz

普段ならこういうのはスルーするんですが、何やら絵のギャラリーを開いてるから見ていって欲しいと言われて。絵、というのでつい引っ張られてホイホイ付いて行きましたよorz


なんか最初からおかしかったけど。

絵自体は凄く綺麗でしたよ。風景画、抽象画等がありました。

…まぁ80万〜120万円するんですがね( ̄〜 ̄;)
まぁ見るだけでも、と思ったらキャッチのお姉さん本気で買わそうとしてくんの;;; ムリムリムリ;;;


キャ「学生さんや新卒の人でも買っていってますよ。」

ウソつけ!!

キャ「オタクの人達と違うと思って声をかけたんですよ」

中身はオタクだよ! つかオタクの人達に偏見持ってるのかコノヤロウ。

キャ「コミケ帰りですか? 何人かコミケ帰りの人達も来たんですよ。あの人達ってコミケで20万も使うんですよ〜。」

(;゜ー゜)「にじゅうまん!? す、凄いですね…。ちょっと想像できませんよ。もしかしてコミケ行って来たんですか?」

キャ「行った事ないし行きません。絶対。」

(;゜ー゜)「…あ、そう…」。

キャ「そんなお金あるならこういう絵の方がいいですよ。」


キャ「彼女います?」

( ゜ー゜)「いませんね。」

キャ「だったらこういう絵を飾っておいた方がいいですよ! 普通の女の人はアニメとかマンガの絵よりこういう絵が好きですから。」

( ゜ー゜)「(ん?)でも俺の周り(の女友達)はマンガ絵の好きな人達ばかりですしw」

キャ「でも普通の女の人はそんなのよりこういう絵の方が好きですよ。」
 _,,
( ^ー^)「(普通普通しつけぇなこのアマ)まぁ、普通と言っても個人個人で普通っていうのは違いますし、好みや良さは人それぞ―」

キャ「それはあなたが普通の環境にいないからで、普通の人はアニメとかマンガなんて好きじゃないですよ。私はアニメとか全然好きじゃないですし、絶対買いませんし。」
 _,,
(#^々^)「(野郎。秋葉原という街とそこの人達を全否定しやがった…! 秋葉原で商売してるクセに、この馬鹿が!!)そうですか。俺も絵を描いているので、だったら自分で描きますよw(こうなったら意地でも一銭も出さねぇ。)」

こんなやり取りで俺がアニメマンガハラショーな意志を曲げず、買わない! というオーラを感じ始めたのか、このキャッチしばらくマンガ絵を貶め続けた。

ついでにスカートまくりながらなんかバッサバッサし始めた。イライラしてたから絶対見ないようこのキャッチの目だけをガン見し続けたよ! ホントだよ!

一度嫌いになったらトコトン苛烈になる俺。絵が綺麗だったから何も言わなかったけど、じゃなかったらカッコの中身口に出してた。

あと、A4くらいのポスターが1万、ハガキが1200円とかありえん。



キャ「どうせ買っても貯金下ろすでしょ?」

 , 、
( ゜益゜)「綺麗な絵を見せていただき、ありがとうございました。(いい脚だった。)」


なんともまぁ、不快な時間でした。絵は綺麗だったけど。ちょっとインスピレーションに刺激を受けました。ある絵が俺の描きたい背景に近い絵柄や色使いだったので、収穫はあったかなw





そんなこんなで11時を回っていたので、そろそろコミケ会場、東京ビッグサイトに向かいました。

着いてみたら凄い人の海。昼過ぎなので、これでもMAXじゃないとは…;
さすがガタケ会場の100倍規模。会場の外にまで溢れ返っている人達も含めればさらにその数倍といった所でしょうか。

建物に入ってからも会場は東棟、西棟に離れていて、それぞれで別のジャンルの会場になってるみたいでした。

その棟も2フロアずつ別れて会場になっていました。
1フロアだけでもガタケ会場の2〜3倍あるかも。そう考えるとすげぇ広いな…;

そうして広い会場内を迷いながら、なんとかたどり着きました。




ぱらボらさんの下へ!!


( ゜ー゜)「カ09…カ09…ウホッ、いい霊夢ww」





パラ*^ー^)ラ「いらっしゃいませ〜。」





( ゜ー゜)「…こちらの絵を描いた方ですか?」

パラ*^ー^)ラ「はい、私が描きました。」

( ゜ー゜)つ[名刺]「私、こういう者です。」ニヤリ

パラ*^ー^)ラ「?……………………。」


パッパラ*゜Д゜)パー「!!!?」

(*゜∀゜)「T―SKですw こんにちはw」ミャハ!

パラ*゜Д゜)ラ「もっとゴッツイ人だと思ってた! 思ったより爽やかwww」

(;゜ー゜)「爽やか!?; 初めて言われたわ!」



ぱらボらさんとの初遭遇はこんな感じでした。



その後会場を回ってたグラッドさんとも合流しましたw

(*▼_ゝ▼)「おぉ! マスター/// ご無沙汰してますw」

( ゜ー゜)「あ! グラさん〜ノシ お久しぶりです〜w」

パラ*^ー^)ラ「お〜。お前遅かったや〜んw」

(;゜ー゜)「(お前!?)」

(*▼_ゝ▼)「マスター、飲み会の場所なんですが勝手に決めてよかったですか?」

( ゜ー゜)「うん、もちろん! むしろ何もしなくてすまんかった;;」

(*▼_ゝ▼)「そうですよ〜w マスターが主催者なのに。ぱらボらさんと相談して決めたんですよw 信じられないくらい美味しいらしいですw」

パラ*^ー^)ラ「T―SKホント自分〜。ちゃんとしぃや〜。」


アレ? キャラ違くね?
ぱらボらさん、どうやらネットとリアルで相当キャラにギャップがあるみたい。女って怖い。


(;゜ー゜)「や、ホントゴメンよ…;; その代わりにお土産作ってきたんだ。」

作ってきた扇子をプレゼント。気に入ってもらえたらいいなぁ。



ぱらボらさんから薄い本を購入。ウホッ エロい☆
人生初めてエロ本買いました。




ここで二人組のお客さんがきました。

邪魔になると悪いのでぱらボらさんの固有結界、にっぷる木馬スペース内にお邪魔します。

…………? あれ?
ちょ、見たことある顔の様な気がする。
あれ?? あれれ〜???

(;゜ー゜)「あるぇ? あの〜。知ってる人、ですよ………ね?」


なんと専門学校時代の同級生に遭遇したんです!!
この人の海でまさか偶然会うとは。

その場でグラさんとぱらボらさんにも紹介。

年末にはまた飲みに行きましょうぜww




ぐるっと会場回ってみました。この日は主に東方、その他二次創作とボカロ、音楽やゲームのサークルがメインでしたね。

オリジナルのイラストとか見て回りたかったけどなかったorz

大体全体を見てきましたが、みんなクオリティ高いです!! さすが本場です。
いつか俺も出店したいのぅ。

…まぁ、まずもうちょいクオリティを上げねば。



(*▼_ゝ▼)「そうだ。飲み会メンバーにもうひとり追加したい人がいるんですが大丈夫ですか?」

( ゜ー゜)「もちろん大歓迎ですよ! どんな人なの?」

(*▼_ゝ▼)「あ、じゃあ今から紹介しますわww」

( ゜ー゜)「OK〜w」


…ぐるぐる迷いながらその方が出店するスペースをようやく発見。
今日は迷ってばかりだな;

(*▼_ゝ▼)「お! ここですわ〜!」

そこで ドログミさん を紹介していただきました。
グラさんのスカイプ友達で、妹紅を誰より愛する東方サークルのマスラオ!!


イベント中はもちろん妹紅の衣装で励んでらっしゃるとの事でしたが、この時はコミケも終了時刻が迫っていたので私服姿でしたorz 残念。
お尻を触られる事もあるそうですw


ちなみに男性。
笑顔が素敵なおとなしいクマさんの様な方ですw

名刺を交換してその場はお別れ。また後でノシ

( ゜ー゜)「T―SKと申します。よろしくお願いしますw」


(・(エ)・)「ドログミです。こちらこそよろしくお願いしますw」





そんなこんなで一通り回って、再びぱらボら固有結界へ。
もうそろそろコミケ閉会の時刻。ぱらボらさんが紅白巫女の戦装束から一般ピーポーのコスプレに変身しに行ってる間、俺とグラさんは絵についてお話。

グラさんの『モンハンジーザス』シリーズのキャラクター設定を再確認。

(*▼_ゝ▼)「コイツは鎖鎌とか似合うと思うんですよw あとこのキャラは〜がどうたらこうたら〜w」

( ゜ー゜)「…で、それを描いて欲しいワケね。」

(*▼_ゝ▼)「…サーセンww 」

現在ナルガVSオウガを製作中。その後リオレウス、リオレイアを描きますよ! その後もちょこちょこ…。
今年中には要望のあったキャラ全部描きたいな…;


ミュウ…えぇ…; ミュウ=リンドベルム?; 可愛い女の子描くの?; 俺;

あ、 ヤンロリ なら大丈夫か。

という訳で描きました。
ぶっちゃけこの記事より先に完了しましたorz







で、30分後。ようやくぱらボらさん帰還。
あの人の海で更衣室待ちだもんなぁ…。かなり並んだみたい。


パラ;^ー^)ラ「凄い人〜;」

( ゜ー゜)「お疲れ様〜ノシ …ところで、えいちゃむさん来ないな…。」

(*▼_ゝ▼)「連絡つかんのですか?」

( ゜ー゜)「一応ブログにコメしてみる。もしかしたらえいちゃむさん見るかも知れない。」


…なんとかコメに返信があり、コミケ会場にいる事はわかったんですが、すれ違い…;
結局飲み会会場のお店にて現地集合に。
なんか色々空回ってスミマセン;;;

そうしてこの日のコミケは終わりました。

ぱらボらさんのスペースを撤収していた時、何故かぱらボらさんからポケモンのうちわとおにぎりをもらう…。




( ゜ー゜)「帰りの移動手段はどうします? さすがにこの荷物で電車はキツいんじゃないですか?」

パラ*^ー^)ラ「タクシーで行くから大丈夫。」

(*▼_ゝ▼)「荷物持ちますよw」

パラ*^ー^)ラ「ありがとう〜w」


ドロさん(・(エ)・)とも合流し、ぱらボらさんの荷物の郵送も完了。

タクシー乗り場へ移動。


( ゜ー゜)「スゲー並んでる…;」

その場にいた係員にどのくらい待ちか訊いてみると。

(*▼_ゝ▼)「何分待ちかってわかりますか?」

係員「それが、もうすぐ最後のタクシーの時刻なので、それが終わるともう来ないんですよ。なので、順番が来る前に最後のタクシーが行ってしまうかも知れないですね…。」

( ゜ー゜)「しょうがない。歩きましょう。」




テクテク……




ふと30mくらい歩いた所で

(*▼_ゝ▼)「…あの乗り場じゃない他の場所で、別のタクシー捕まえたら待たないですぐ乗れるんでないですかね?」

パラ*^ー^)ラ「!」

( ゜ー゜)「!(…もう歩きたくない…)」

(・(エ)・)「!」


この時、グラさんは輝いた。


(*▼_ゝ▼)ノシ「タクシータクシー!! タクシー!! タクシーwwww」

\パラ*^ー^)ラ/ タクシー

ついでにぱらボらさんも。
なんだこの素早さ。

すぐに走ってるタクシー捕まえたしwww

(*▼_ゝ▼)「やりましたよ! 皆さん!!」

パラ*^ー^)ラ「 よ く や っ た w w w 」


(;゜ー゜)「すげぇ、もう捕まえちゃった…。」

(・(エ)・)「モコタンハァハァ」




タクシーに乗り、目的地の焼肉屋さんに出発します!

ちなみに俺助手席。後ろぱらボらさん、グラさん、ドロさんでぎゅうぎゅう。
べ、別に淋しくなんかないんだからね!(´;ω;`)



( ゜ー゜)「ちょっとケータイで…あ! 電池が切れた; なんてこった、朝からmixiやツイッターばかりしてたツケがこんな時に…ッ! 東京タワーや皇居ではしゃぎ過ぎた\(^O^)/ タヌキとか探して呟きまくるんじゃなかった;;」


運「お客さん。よかったら充電できますよ?」

なんと、このタクシーケータイの充電ができるよ! ありがとう運転手さん!

運「まぁ、………お金次第ですけどねwww」

(;゜ー゜)「あ、俺100円使うごとに1年寿命が縮むんですよ〜……; ヤーマイッタナー」

運「冗談ですよ〜w はっはっはっwww」

(;゜ー゜)「…ジョウダンデスヨネ?」


運「ま、気分次第かなwww」



こんな楽しい運転手さんで道中ワイワイ過ごさせていただきましたw
楽しいひとときをありがとうございましたw




こうして10数年寿命を削って目的の焼肉屋さんに到着。


…ふと、見ると一人佇む青年が。

その様子はどうやら待ち合わせっぽい。


(*▼_ゝ▼)「…マスター? もしかして。ワシ、ちょっと声かけましょうか?」

( ゜ー゜)「いや待て。もう少し様子を見よう。ちょっとケータイでメッセージがあるか見てみる。それからにしよう。」

(*▼_ゝ▼)「わかりました。ピアスしてるし、もしかしたら怖い人かも知れませんですしね。」

( ゜ー゜)「…う〜む。返信来てないな…。一か八か。」



( ゜ー゜)「すみません。もしかして、えいちゃむさんですか?」




( ・∀・)「! はい! そうです。えいちゃむです。」



どうやら大当たりだった様です。

( ゜ー゜)「!! T―SKです。初めましてよろしくお願いしますw」

(*▼_ゝ▼)「おお! やっぱりえいちゃむさん!? どうもグラッドですぅw」


ぱらボらさんとドロさんとは初対面(ネットでも面識はなかったみたいです)だったので挨拶を交わしてました。


えいちゃむさん、なんとなく予想していた通り爽やかイケメンでした。


( ・∀・)+




ようやく焼肉屋に入店。
一日中歩き回っていた上、お昼食べてなかったのでもうクタクタです…\(^O^)/


( ゜ー゜)「やっと着いた〜; ここは食べ放題なんだっけ?」

(*▼_ゝ▼)「いえ、コース料理になってます。順番に出てきます。その味は信じられンくらいらしいですw」

( ゜ー゜)「う〜む。俺たくさん食べるからなぁ。どっちかっていうと 質より量 派だから、とりあえず満腹に食べられればだいたいOKなんだよね。」

パラ*^ー^)ラ「ダメだって〜!ちゃんといいもの食べないと〜!」

( ゜ー゜)「や〜; でも、味の違いあんまりわかんないからなぁ…。」←貧乏舌

( ゜ー゜)「それに、安い店でも1品位は美味しい品があるモンです。それを探すのも一興ですよ?w」

ラ(¬、¬*ラパ ←不満気

(;゜ー゜)「……;」


(*▼_ゝ▼)「とりあえず飲み物注文しましょw」






( ゜ー゜) (*▼_ゝ▼) パラ*^ー^)ラ 「乾杯(^^)/▽☆▽\(^^)」 (・∀・ )(・(エ)・)


グラさんはこの後『見せ場』が残っているのでノンアルコール。



店員さんがついにお肉ゅ〜☆を持ってきました!!


店員さんお肉の種類ごとの説明を始める。
レアが良いもの、ウェルダンが良いもの。
レアのは以前までは生で提供していたが、法改正の為生で提供できなくなったものもあり、実際は少し炙っただけでも美味しいとの事。

( ゜ー゜)「…ならいっそ生で食べてしまいたいw 美味けりゃ死んでもいいww」



という事で早速炙り炙り〜☆


いただきま〜すw


パラ*^ー^)ラ「ん〜〜〜〜〜☆☆☆」
( ゜ー゜)「…お肉って…………溶けるんですね…。ぱらボらさん、俺、量より質派になりました。」

パラ*^ー^)ラ「でしょ〜〜〜!?」


タレはポン酢ベースのものと塩のどちらか好みの方で。

俺はポン酢ベースの方が好みでした。




せっかくオフ会なんですし、皆さんの印象というか、普段のブログなどネット上とのギャップなどを書いてみましょうかw

あくまで俺の主観なので、「違う。T―SK許さん!」って人がいたら……………お慈悲を;


(*▼_ゝ▼) グラッド さん

・ネット上での印象:お茶目で可愛いドジっ子。少年の心を忘れないナイスガイ。

・リアルでの印象:ネット上での印象は影を潜め、非常に礼儀正しい謙虚な紳士。でもそこはグラさん、茶目っ気は忘れない。紳士度は俺の約3倍。いい子。




パラ*^ー^)ラ ぱらボら さん

・ネット上での印象:陽気なお姉様。とにかくペロペロしてるイメージがある。なんか和む。標準語。ペロペロ。

・リアルでの印象:女王様。とにかく雰囲気で男は屈服する。勝てる気がしない。ペロペロ分は完全に隠蔽している。なんか和む。関西弁。年齢は…

パラ*^ー^)ラ「18歳でぇす☆」
 _,
( ゜д゜)「………?」

パラ;^ー^)ラ「…何その顔…。」




( ・∀・) えいちゃむ さん

ネット上での印象:可愛い系男子。とにかく可愛い雰囲気をまとったイケメン。ニコ動でお声だけ拝聴した事があり、声がイケメンボイスだったので細身の爽やかイケメンだと予想してました。

リアルでの印象:やはり外見は予想通りの細身の爽やかイケメン! ネット上とは打って変わって落ち着いた雰囲気の好青年、といったイメージ。




(・(エ)・) ドログミ さん

リアルでの印象:この方はリアルの方が初対面でした。落ち着いた雰囲気の親しみやすい人物。誰からも好かれそう。俺とは大違いです。

ネット上での印象:モコタンハァハァ



俺? え?

( ゜ー゜) 俺

…………多分皆さんの想像の6倍アホだったと思いますよ。うん。

皆さんどう思ったんだろ…; 教えて;




( ゜ー゜)「皆さんの血液型はABCどれ?」



…C?




お肉も食べ放題ではなかったものの、ゆっくり味わって食べたおかげでしっかり満腹感がありました。
じっくり味わえるお肉自体が初めてだった。

ごちそうさまでした☆




ここでもう時間が来てしまったようです。

P.M.9:00

ぱらボらさんは翌日もコミケに出られるとの事なので、ここでお別れ。朝早いみたい。

タクシーでぱらボらさんの宿泊先へ。荷物持ちなら任せてくだせえw
ドロさんはタクシーでイビキかいてた。


( ゜ー゜)「では、お疲れ様でしたw 今日はとっても楽しかったです。また冬コミでお会いしましょうノシ」

(*▼_ゝ▼)「ぱらボらさん、今日はお疲れ様でしたw 冬コミ楽しみにしてますw」

( ・∀・)「お疲れ様でした☆ 冬はもっと長くご一緒したいですw」

(・(エ)・)「俺も楽しかったですw …また明日ノシ」


パラ*^ー^)ラ「私も楽しかったですw 色々ありがとう〜w また冬コミでw」


( ゜ー゜)「どれ、荷物を運んであげましょう。お部屋はどこですかな?」

パラ*^ー^)ラ「………。」

(;゜ー゜)「………;」





パラ*^ー^)ラノシ





笑顔で手を振るぱらボらさんに見送られ

そして、グラさんに連れられて降り立ったのは


渋谷





(*▼_ゝ▼)「ぜひお見せしたいものがあるんですよ!w」


その言葉に誘われて


妖しげな輝きをたたえるその場所は



ゲームセンター。



(*▼_ゝ▼)「ワシのダンスを見ろぉーーーッ!!!」


グラさんがブログでもちょくちょく載せていた


『ダンスダンスレボリューション』の腕前を披露して下さるというのです!


(;▼_ゝ▼)「…いや、見苦しいものをお見せしてしまったら申し訳ありません;;」

さっきまでの勢いはどうした;;

ゲームセンターのビルに入って、階段を降りたり登ったりして入り組んだ建物内を進み、目的の場所に到着。


(*▼_ゝ▼)「…お!」

???「…! あ、どうも!」


先客がダンスを披露していたと思ったら、どうやらグラさんのお知り合いの様でした。

( ゜ー゜)「グラさんのお知り合い?」

(*▼_ゝ▼)「はい、昨日知り合ったんです!」

(;゜ー゜)「…昨日かよ!」


先客さんのダンスを鑑賞。

…最初級ですらクリアが微妙な俺には、想像できない世界が広がっていました。
え? 神?


(;゜ー゜)(;・(エ)・)(;・∀・)「す、すげぇ…;」

( ゜ー゜)「…ん?」


((*▼_ゝ▼)) グッグッグッグッグッオィッチニーサンシー


そこには、一人のアスリートがいた。


…え? ここゲームセンターだよね? 準備体操始めて、陸上世界大会の人みたいになってるんだけど;

(*゜_ゝ゜)つ▼^▼「マスター、荷物を持っていてもらえますか…。」

(;゜ー゜)「…う、うん;(本気だー!! この男本気(マジ)だー!!)」


(*゜_ゝ゜)「上級者の人達はあそこ(ステップを踏む矢印)の後ろにあるバー(手すり)に捕まってするんですよ。その方が体安定して高記録を狙えるんですわ。」


(*゜_ゝ゜)「でも、ワシは放して真っ向から『ダンス』をやります!」



この男、いや漢!!


燃えている!!!



先客さんからバトンタッチ。
自分の記録を保存してあるカードをマシンに通すグラさん。


難易度は1から20まであり、11以上は次元が違うらしい。

そして、19以上をできる人間はほんの数人だとか。
もう人間じゃねぇ。


(*゜_ゝ゜)「まずは…。」

低めの難易度でウォーミングアップの様です。とはいえ難易度6。

ダッダダッダッ((*゜((*゜_ゝ゜))ゝ゜))ダダダダダダダッ!!!!

小刻みなステップ、音楽と一体化した体幹、一瞬でカウントを積み重ねるプラチナ色の文字。
俺のちゃっちい文章力では表現不可能な世界がそこで繰り広げられていました。


(;゜ー゜)(;・(エ)・)(;・∀・)「おぉ…!」

結果はAAA
グラさんの表情にはまだ余裕が見えますが、集中力を持続した緊張感は一切消える気配を見せません。


次から難易度を9、10と上げ、最初の挑戦を終えました。


(・(エ)・)「俺もやってくる。」

ドロさんも触発されたのか自らの得意ゲームの場所へ姿を消しました。



(;゜_ゝ゜)「ふぅ…。」

ウォーミングアップ、というにはあまりにも目を奪うダンスを披露したグラさん。



(*゜_ゝ゜)「次はどれをやりましょうか?」

(;゜ー゜)「(え…; 次って言われてもレベルが高すぎて指定しようがねぇ…; でも…)」


( ゜ー゜)「グラさんが



魅せたいやつを…!!!」



(*゜_ゝ゜)「!…わかりました!!(見せたいやつ。好き勝手選んでまおうw)」←勘違い


基本的に一回に3曲を踊る事ができるダンスダンスレボリューション。

今回の披露する曲について、どういう順番でやろうか? という相談をしたんですが

(*゜_ゝ゜)「始めちょっとおかしなヤツから始めて、次難易度上げて最後、今自分ができる最高のヤツをやる、というので行こうと思ってるんですがどうですか?」

(*゜_ゝ゜)「それと、3曲クリアすると、もう一回エクストラステージに挑戦できるんです。そこで今の自分にできるかギリギリの曲をやります。」

( ゜ー゜)「…いや待て。最初2つはウォーミングアップとして簡単なのをやって、3曲目、グラさんができるかギリギリのをやって、4曲目。エクストラステージは


『グラさんの限界を超える未知への挑戦』


という曲をやってみませんか?」


グラさんにとってかなり酷なリクエストだったと思いますが、ごく稀な機会にしかお会いできないこの絶好の瞬間。
見てみたいと思うのは罪だろうか…?

否!

グラさんの目は『やる!!』と燃えていました!!!!


そして、グラさんは俺のリクエストを超える挑戦を 魅せて くれました!!!


最初に披露するは『chaos』難易度は激13。

この曲は途中ステップを踏むタイミングで流れてくる矢印が、演奏中不規則に 停止する というトリッキーな曲。グラさん曰く「おかしな曲」


最初ウォーミングアップから、と言ったにも関わらず、グラさん、最初から全開です。
…いや、これがまさかウォーミングアップ…!?

激しい曲の途中でダンスが カチッ! カチッ! っと止まる不思議。



続いて2曲目。『deltaMAX』難易度は踊13。

この曲は、曲の早さが基準の100 から曲が進むにつれて少しずつ早くなっていき、最終的には5倍以上の 573 にまで上がっていきます。

確かに最初は難易度にしてはちょっとぬるめに感じました。
しかし、曲が進んでいくと簡単だと感じたステップが雪だるま式に積み重なり、最後は凄まじいステップの嵐に変貌していました!!
それでも完璧に踊り切ったグラさん!!

いつの間にか周りにはギャラリーが集まっていました。
皆さん感嘆の声を漏らしていました。


ちなみに何故スピードが573なのかと言うと、『コナミ』だからですw



そして3曲目。

『MAX300』
難易度は激15!!!

ここまで来るとグラさんでもクリアはギリギリとの事。



曲が始まりました。



激しい!!
そしてダンスが一番格好いい!!
確かに難しそうだ。
グラさんの緊張感も先の2曲よりも高まっているのが見て取れました。


途中目視できないレベルでミスしたらしいが、結果は AA!!!


こうして無事エクストラステージへの扉が開かれました。

今披露した MAX300 レベル激15 を超えるダンス…!?


(;゜_ゝ゜)「エクストラステージは4回ミスると即終了になります…!」





そして、グラさんの最後の挑戦が始まりました。


4曲目 『Xepher』

レベルは 鬼15


(*゜_ゝ゜)「…もし、クリアできんかったら申し訳ありません;;」


グラさんにとってまさに 未知への挑戦 になる難易度。

クリア出来なくても仕方ない。
そんな弱音とも取れる発言をしてしまう程です。




しかし、俺は知っている!

グラさんは、それで意志が折れる様な男ではない、と!!!


先ほどまで最高に格好よかったMAX300以上に、激しいステップで複雑なパターンを寸分の狂いも無く踏んでいく。
まさか一番格好いい、が1曲で塗り替えられるとは思いませんでした。

ダンスへの驚きと感動と共に、グラさんの集中力の凄さに戦慄していましたよ。

「安全の為激しいプレイはお控え下さい」と書かれた注意書きのプレートが虚しく見えます。



ズダ((; _ゝ )))ダンッ!!!




(; _ゝ )「…ふぅ;…ふぅ;\(^O^)/」





おぉー!! パチパチ!! スゲー!!

周囲のギャラリーから拍手と喝采がグラさんへと贈られていました。



( ゜ー゜)「すげぇwww 」


( ゜ー゜)「グラさん。




魅せていただきました!!!」



ドロさん曰く

(;・(エ)・)「開いた口が塞がらない;」←いつの間にか帰って来てた。

( ・∀・)「…………。」

えいちゃむさんも言葉を失ってました。




正直、初コミケの衝撃以上に、この日、グラさんのダンスに驚かされました。

( ゜ー゜)「お疲れ様。」

(;゜_ゝ゜)「いえ、見苦しいものを見せてしまって;」

グラさん、謙虚すぎる!!
一体どこまで紳士なんだグラさん!!!

結果はAA。しかし、スコア以上のものを見せてもらったと確信しております。
多分、この場にいるギャラリーの皆さんも同じはずです。





そして、ついに長かった1日も終わりに近づいてきました。

P.M.10:30

東京から新潟へ帰るバスの時刻が迫ってきたので、グラさん、えいちゃむさん、ドロさんとは渋谷駅でお別れになります。


( ゜ー゜)「ではグラさん、えいちゃむさん、ドロさん。今日は凄く楽しかったですww また




冬コミでお会いしましょう!!!」




こうしてお三方に見送られ、楽しい、本当に楽しい1日が終わりました。










翌日:ツイッター上で


( ゜ー゜)『ぱらボらさん。ぱらボらさんからいただいたアレ。ごちそうさまでしたwww』

パラ*^ー^)ラ『どうもお疲れ様でした〜。新刊既に『ご使用』いただけたみたいですし、またお会いできるの楽しみにしてますね〜。』


( ゜ー゜)「………。」




(;゜ー゜)「(おにぎりの事だったんだけどな;;)」




ちゃんちゃん♪

画像
画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
夏コミ本当にお疲れさまでした。色々と不手際もあり、御迷惑掛けまくってしまいましたが…
それにしても、濃い一日だったとはいえ、想像以上の大作日記で吃驚です

私自身は参加者の方々全員と初対面だったんで、内心ドキドキでしたけど、凄い楽しく過ごす事が出来ました。次の日も朝五時起きだったんで、最後の最後まで参加出来ず、グラさんのダンスを見逃したのが心残りでしたが…

ともあれ、また機会があれば是非、オフ会やりたいですね。でも、冬は大晦日近くだからどうだろうなぁ…?

あ、それと私の印象に関しては18歳という実年齢以上に、Hカップという真実の方が大事ですよお?

ぱらボら
2012/09/02 20:57
〉ぱらボらさん
夏コミお疲れ様でしたw
楽しい1日をありがとうございました〜w

俺もグラさん以外初対面でしたw
正直、前日までちゃんと会話できるか、とか凄く不安だったんですけど、皆さんのおかげで不安が吹っ飛んでお釣りが出るくらい楽しく過ごす事ができました!

グラさんダンスは正に圧巻! 凄かったですよ!
しかも、次回グラさんはさらに難易度の高いダンスを披露して下さるとの事です!!
今度はぱらボらさんもご覧になれるといいですね〜。



…Hカップ…だと!? ちょっ!! どこに落としたんですか!!
T―SK
2012/09/02 21:57
夏コミお疲れ様でしたぁぁ!!
絵を販売していたその店員、ほんまに腹立ちますね…マスターを一体どなたと心得ているんでしょうか…。。僕が助さんだったらとっくに真っ二つにしてますよ(怒)


ダンスのところ…なんだかとても照れくさいです…///なんか色々とすみませんでした…(恥)しかし自分的には、反省と後悔をする点の方ががたっくさんありました。
次回は、本当の本当に未踏の地である、レベル17をお見せする予定ですw 『うわ…こ、このオッサンもう…気が●っている…!』と本気で思っていただくためにも!ww
その曲の内容は…MAXシリーズの究極形態…!曲名はおたのしみ♪


マスター、ぱらボらさま、えいちゃむさま、そしてドロ先生…みんなに囲まれながら食べた焼肉の味を、僕は一生忘れることはできないです(涙)


次は…冬コミにて、また是非みなさんで会いましょうね…!!!
グラ
2012/09/03 04:24
〉グラさん
夏コミ楽しかったですよぉっほぉぅ!!w


絵の販売員
や〜、絵の好きな人にも悪い人っているんですねぇ。
あの人、楽しげなトークの間ずっと目がすわってた。相手を獲物としか見てなかったですね。

俺がカクさんだったら鼻フックしてビルからバンジーさせてましたよ!


ダンスは本当にいいもの見せていただきましたw
次回も楽しみにしてますよ! しかもさらに高難易度!! 期待しない方がおかしい!!



また冬にお会いしましょうノシ
T―SK
2012/09/03 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
【日記】初!! 夏コミに遊びに行ってきました!! T―SKの黒鉄屏風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる